挫簡挫鞘 > 隸嚼玲丗

隸嚼玲丗

隸嚼玲丗

隸嚼玲丗

隸嚼玲丗

晩云強只ゞ玲-HiME〃議麼叔隸嚼派今議純純喇噐褒牌肇陛遇嚥宮宮獎昔凋範寔拝夭販湖膿械械欺侃嬉垢廳函侭俶雑継秒海創尖喩凪秒海恂性中(強鮫嶄胆期凋恷浪散郭議祥頁玲丗恂議性中)。

握しさの住餓泣

恬簡:rino/恬爆:rino/園爆:寄消隠/梧:隸嚼玲丗(嶄圻醍丗)

まぐれと腎を玲う わた堝みたいに

どこかへ竃かけようか ハナウタと匯偖に

のスウィツカフェで 棋ち栽わせしたい

握しさの住餓泣 埴は原かない

泣註したままの この互貯り 腎指りって

丶い敬ばして かくした

いつもAh 埴のこと深えて 痴いむ祇で

Ah いつの晩かお札いを 需つめ栽えるよね

俳り狛ぎた念を 峺にからませ

け竃したその枠には 蓄たそうな嘘嶄

どんな繁みだって すぐにわかるよ

いたずらに兆を柵べば ぬくもりに乾れた

匯圭宥佩? 揖じ魁侭を佩ったり栖たり

禅の炎紛 需払わぬように

いつもAh 埴だけをまっすぐに 房い宙くから

Ah この匯鵬(とき)が 隆栖へときますように

いつもAh 握しさの住餓泣 埴と屈繁きり

Ah すれ離う俳なさも階えて

Ah 埴だけをまっすぐに 房い宙くから

Ah この匯鵬(とき)が 隆栖へときますように

All rights reserved Powered by 挫簡挫鞘 www.9512.net

copyright ©right 2010-2021。
挫簡挫鞘坪否栖徭利大泌嗤盃係萩選狼人捲。zhit325@126.com